トップページへ

トップページ2ページ3ページ4ページ5ページ6ページ7 > ページ8 > ページ9

【1】今回の展覧会をどのようにしてお知りになりましたか?(複数回答)

「7.その他」と答えた人が105人で64%と圧倒的に多く、記述回答を見ると、40名が知人や関係者からの口コミと答えており、新聞の49名に次いで多い。また、大学受業及びその一環で来場したと学生と思われる来場者が22名となっている。立て看板14名、テレビが13名、DM用カードが12名となっており、それぞれの宣伝媒体は、多少なりとも目についていたようである。雑誌「ぴあ関西版」を見たという人は、回答者の中にはいなかった。

【2】今回の展覧会に来場された動機をお教え下さい。(複数回答)

「2.展覧会場が面白そうだったので」と答えている人が4割を超えており、土蔵、古い商家と一風変わった美術との出会いに関心を持った人が多かったことが伺える。「1.展覧会に行くのが好き」(28%)「3.現代美術に関心がある」(24%)と常日頃展覧会へ足を運ぶことになれている美術愛好者の来場がある程度の数いることもわかる。「8.その他」の33名のうち18名は、大学の受業の一環で来場した学生である。

【3】展覧会はいかがでしたか?(複数回答)

展覧会の感想を問うたところ、「7.期待はずれだった」と答えた人は皆無で、「6.難ししい内容だった」と答えた人も、5名(3%)にとどまった。「1.珍しい美術作品に触れ、面白い体験ができた」が8割弱、「3.商家や土蔵を利用したところがユニークだった」が7割弱と、展覧会は好評であったことが伺える。一方「2.現代美術に関心を持った」と答えた人は、2割弱にとどまった。

【4】今回の展覧会は、県内のあまり使われていない場所や、古い建物を、美術や演劇・ダンスなどの芸術文化活動で利活用する試みの一環として、鳥取大学地域学部附属芸術文化センターが中心となり実施したものです。今回の試みに対して、ご意見やご感想、またご要望などお聞かせ下さい。(記述式)*後半に内容を添付した。

【3】への回答からも分かるように、来場者に展覧会は大変好評で好意的な感想が多い。特に、「土蔵・古い商家の使い方が面白い」、「建物の雰囲気が良い」という意見が多い。また、既存の美術館は近寄りにくいイメージがあるが、古い建物を利用したことで、「親しみを覚えた」、「ふらっと立ち寄れる」という意見も見られる。
 これまであまり美術そのものに、縁がなかった人にも、このような場所で開催したことにより、芸術と出会う敷居の低い場を提供することができたと言える。また、藤本氏の土蔵空間を活かした展示作品は来場者への訴求力が高く、単に土蔵を使うのではなく、その空間をより魅力的に活かした展示であったからこそ、来場者の満足度が高いものと思われる。
一方、半屋外的な場所であった土蔵を使ったことにより、寒さ対策の充実を訴える意見もあった。通常使用していない場所であるため、冷暖房などの設備をどこまで整備するか、こうした場所を一時的に活用する場合は、工夫が必要な点であろう。

以下は、来場者の属性に関する質問。

【6】お住まい

鳥取市内からの来場者が8割弱と圧倒的に多く、その他県内からの来場者が15名というのは、少ないように思われる。県外から足を運ばれた方がほぼ同数の13名で、兵庫、岡山、奈良2、大阪、愛知、島根、和歌山などとなっている。

【7】年齢

来場者の年齢は、20代が34%と最も多い割合となっているが、これは、大学の授業の一環で訪れた大学生が多いためであると思われる。

【8】性別

6割強が女性、3割弱が男性の観客である。

質問【4】に対する意見・感想

  • 面白かったです。もっとやって下さい。
  • 今後が楽しみ。
  • ぜひ続けてください。
  • 年に何回か継続してこのような催しを行って欲しい。鳥取に居ると新しいものに触れる機会が少ないので
  • 古民家利用した作品づくりがおもしろかったです。
  • 古くてモダンなこの建物に、オルゴールの音がよく合っていた。
  • 地域学部の連携プレーがいいですね。学生さんの新鮮な感覚をこれからも発信つづけてほしい。
  • 昔なつかしい物に出会えてうれしかった。現代も良いけどやはり昔の物に思いなつかしい故郷を思い出した。
  • 旧態然たる鳥取の美術を激しく揺り動かし、今後とも刺激を与えて下さい。
  • 土蔵などを使って音のエコーを楽しめた。新しい音の聴きかたができてとてもよかった。
  • 眠っている物を生かし、違った形の発見につながるのでたくさんこういう企画があればよいと思います。
  • この様な古民家などを再利用して、人の集まる企画をするのはとてもおもしろいことだと思います。これからも、いろいろな企画をしてほしいです。
  • とてもよい試みだと思います。このあたりでは現代美術にふれることがむつかしいので今後も続けて下さい。大変だとは思いますが。
  • 会場の雰囲気にもよく合っていてよい。
  • このたたずまいがとてもよいと思います。このたたずまいをうまくいかしたり、ミスマチだけどおもしろいとか、いろいろやったらいいと思います。
  • 普段使われていない使い方で、こういう使い方もあるんだと思った。おもしろいと思った。
  • 古民家を利用するのは、とても面白い試みだと思います。美術館とかホールを飛び越えた所でどんどんやってほしいです。
  • サウンドアートを土蔵という場所でされている点がまた、不思議な空間を生み出していたのでよかったです。
  • 地域の活性化にとてもいい。
  • 美術館とは違って、建物にぬくもりが感じられて良かった。
  • 古い建物は放っておくと痛んでしまうのでこういう風に使った方が手入れできていいと思う。
  • 土蔵のふんいきがとてもよく、作品と感じがあっていた。
  • 建物自体を見るのも楽しいのでどんどんやってほしい。また、このことがきっかけとなり県内外の古い建物の保存運動が高まるといいと思った。足元が寒かったので床のところだけでもスリッパが欲しいです。
  • こんな建物は、もっと多くの人に見てもらうべき。建物自体、すごい素敵な作品みたい。
  • とても面白かったです。蔵もすてきでした。
  • すごい良かったです。
  • 高砂屋の運営に少しながらも関わっている身としては、こういった利用があるのは嬉しいです。
  • すごくよいことだと思います。また企画してほしいし、携わってみたいです。
  • この調子で(あまり宣伝しすぎず小規模で、且つイベント情報はしっかり流してほしい。
  • とても良い試みだと思います。
  • こういった機会があれば、ぜひ行きたいと思います。
  • とてもよかった。またこういうものがあったら来たい。
  • 解説がないことで効果や面白味が増していた面もありましたが、同じような作品で、どのような意志でそれを作られたのかなど、知りたくなりました。それがねらいなのでしょうか?
  • このような企画は地域の活性化につながるので良いと思う。また、鳥取でもこのような展覧会が行われたら行きたいと思います。
  • 古い民家と蔵が作品にとてもよく合っていたと思います。静かな環境の中でじっくり音を聞くことができて、新鮮でした。2Fの非委細部屋のエアコンの音が気になりました。
  • 近代美術と昔の家とが意外と雰囲気があっていてよかった。
  • どんどんやってほしい。家自体がすばらしいので、何度も訪れたい。
  • 美術にふれることができるということで、おもしろいものになったと思います。土蔵を活用するのも思った以上におもしろかったですが、寒かったので、足元を対策たててほしかったです。
  • 本来のコンサート会場や、展示場とはちがうその「場」のもつ「空間」のもつ力によって、その展示やパフォーマンスに新たなものが加わり、とてもおもしろく、より不思議なこのニュアンスがプラスされます。そういうものをこれからも見てみたいと思います。
  • 良い活用法であったと思う。
  • あまり使われていない所で何かをしようという考えはいいと思うがこの展覧会の内容と会場にはあまり関わりがないように思えた。
  • 物珍しさという点で、評価があると思う。実現のための問題点を考えても、その展覧会一つで、作品であるイメージを持った。
  • もっと実施してほしい。
  • そういう場所をどんどん使っておもしろい美術作品をお届けしてほしい。蔵を使った作品はすごく刺激的で楽しかった。
  • 良い試みだと思う。
  • また行ってほしいと思います。
  • とても楽しむことができた。大学での広報をもっとした方が良いと思います。
  • おもしろい試みだと思います。これからもっとやってほしいです。
  • もう少し作品を増やしてほしい。
  • 取っつきやすくていいんじゃないですか。
  • 使われていない場所などに足を運ぶ良い機会にもなるし、作品を見ることのできる良い機会だと思う。
  • 何を書けばいいのかよく分かりませんが、一言、よかったです。発想がおもしろくて、興味をひかれます。場所も独特の雰囲気があって・・・。
  • 古い民家と藤本さんの作品がとても良い雰囲気を出していました。あと蔵の中って良く響くんですね!
  • 面白い体験ができて良かった。不思議な感性を体感できて良いと思う。他の企画にも見に行きたい。
  • 作品をもっと増やして欲しいです。
  • 敷居の高い美術館でなく、ふらっと立ち寄れる場所で、気兼ねなく第一線の作品が見られるのでどしどし企画してほしいです。
  • 案内が届けば or 知ることができたら参加したい
  • こちらへは はじめて来させていただいたので いい体験でした。
  • とても良いと思います。今後も期待しています。澤田直見さんの個展も開いてほしいです。
  • 一般的な会場とちがい、また、音と少々の手間をかけるところが、とても楽しめた。
  • 続けて下さい。
  • 頑張って下さい。楽しみにしています。
  • 今後も継続して企画してほしい。
  • ゆっくりと見学できて良かった。
  • とてもよい取り組みです。1+1が2以上になる企画だと思います。
  • どんどんやりましょう。
  • 楽しかった。またこのような会があれば見に来たいです。
  • 作品と展示空間がうまくとけ合って、とてもよかったです。ノスタルジックなひと時を楽しみました。
  • この場所自体、はじめて知りました。鳥大さん、面白い活動をされているんですね。これからも楽しみにしています。展覧会も日頃使われていないとぎすまされた感覚を呼びおこされた気がします。
  • もう少しPRしてほしいですね。
  • とても快く、街中であるのに異空間に入ったようで不思議な時間を持つことができました。知人に広くすすめようと思います。
  • 昔の家屋をもっと見せてほしい。
  • 古い建物が少なくなっていくのは悲しいのでもっともっと利用してなくならないようにしてほしいです。
  • これからも、このようなものがあれば、行ってみたいと思いました。
  • このような情報を知ることが出来てうれしく思います。
  • 楽しい空間でした。ゆっくりとした時間を感じた。
  • 美術館以外で、こうした展示は楽しかった。
  • 友達からの案内が来なければ 知らずにいるところでした。県外でもPRして下さい。解説がないと藤本展は難しいかも。(あればわかるものでもないですが・・・)
  • おもしろかった。建物も見てみたかったので、嬉しかったです。
  • とてもよいと思います。歴史ある建物、風景、鳥取の古いものと新しいものの融合で、再発見してもらえるとうれしい。
  • 音の可能性が広がりました。
  • このような企画を主催して下さって、ありがとうございました。この展覧会がなければ、藤本由紀夫さんを知りませんでした。印象深い展覧会です。
  • とても良い試みだと思いました。この様な企画がまたあるとうれしいです。
  • 古い建物と現代美術との交わりが特異でおもしろかった。
  • この建物も興味がありましたし、この芸術も珍しく大変良かった。
  • 高砂屋の持ち味を生かした大変よい企画であったと思う。
  • とてもいい企画で十分楽しめました。素晴らしかったです。また、このような企画をたくさん実施して下さい。期待しています。
  • この様な場所をたくさん利用してほしい。
  • アートの空間として、うまく利用され、感じやすかった。
  • 有料にするか何かを販売して維持費に充当できるといいですね。いつか。続けてほしいです。
  • あまり使われていないならぜひやるべきだと思う。
  • 施設を生かしたユニークなこころみでとてもよかったです。
  • 地方ならではの展示で新鮮な刺激になりました。
  • あくまでも無料が条件となると思う。招待作家も選ぶのが難しいと思うが、現代美術の入り口としては藤本さんの作品はきっかけになると思う。この調子で岩井俊雄さんや八谷和彦さんとか呼べたらきっとだんだんと最初は「???」だった人も(!!!)に変わり、現代美術に対してのわからない→わからないけど・・・という風に理解は少しずつ出てきそう。
  • 古い価値あるものがドンドン捨てられて行く今は、もっとPRして募集すべきと思う。
  • 鳥取で現代アートにふれた感じで良かったでーす。
  • 今後も多彩な活動を期待します。
  • よい試みだと思う。今後の充実発展を祈ります。
  • 良い企画でした。作品紹介の解説がほしかった。
  • 良いことだとおもいます。今後もぜひ継続させ、定着させてください。
  • 足が冷たかった。
  • おもしろかったです。また期待しています。
  • なかなかおもしろいと思う、今後も続けて下さい。
  • 会場がとてもユニークでした。展示作品ととてもよく合っていました。実際に触れることのできる作品で現代美術を楽しむことができ、小さな子どももとても興味をもつことができた。
  • 建物と企画内容がマッチしていた。
  • 大変いいと思います。県外から最近引越しをしてきたものですから、いい場所を発見できたと思います。この様な場所が残っていて現在にも利用され、活用されていくのはいいと思います。
  • 今後もどしどし開催してほしい。

〔 次ページへ続く→ 〕

〒680-8551 鳥取市湖山町南4丁目101 Phone/0857-31-5073 Fax/0857-31-5076

Copyright(c)2004-2012 TOTTORI UNIVERSITY ART CENTER. All Rights Reserved.

サイトデザイン&制作 有限会社キーワード http://www.keyword-co.net/