トップページへ

平成19年3月 鳥取大学地域学部(附属芸術文化センター及び地域文化学科)

はじめに

今回の調査研究「鳥取県におけるオールタナティブスペースを活用した文化創造拠点形成に向けた調査研究」は、平成18年度「鳥取県高等教育機関『知の財産』活用推進事業調査研究」の一環として実施されました。

今回の調査研究は、昨年度の「鳥取県高等教育機関『知の財産』活用推進事業調査研究」で鳥取大学地域学部が実施した「鳥取県における芸術文化を通じた空間資源の利活用に関する調査研究」を承け、その発展として実施したものです。17年度における調査研究はすでに「オールタナティブスペースの創出へ向けて―鳥取県における芸術文化を通じた空間資源の活用に関する調査研究―」と題して報告しています。

ここで言う「オールタナティブスペース」とは、芸術文化のために、芸術文化を用いて活用・再生された空き店舗や廃校等、現在使われていない施設等のことを言います。字義通りに言えば、芸術文化のために再生された「代替スペース」ということになります。そうしたスペースはこれまで使われてきた目的から言えばもはや目的を終えたスペースということになりますが、これを放置することなく、別の公共的な視点でもって資源として見直し、芸術文化を通じて有効に活用すれば、スペースの再生として、代替スペースとして、地域の芸術文化の振興に、地域の活性化に、役立つことになります。

こうしたオールタナティブスペースを活用した事例は海外を始め、わが国でも近年盛んとなってきました。それらは芸術文化の育成になるばかりか、いわゆる「創造産業」の開発・育成につながることを示しています。
今回、わたしたちは、こうした点を指摘した昨年度の調査を踏まえて、具体的・実際的にいくつかのオールタナティブスペースで芸術文化のイベントを実施(主催ないし共催事業)して、そうしたスペースの文化的活用の効果や課題を明らかにしようとしました。今回の調査研究でどのような成果があり、どのような効果があったのか、ここにお示し致します。

わたしたちはオールタナティブスペースが地域における文化創造の拠点となり、そこから、人と人とのつながりが生まれ、創造的な人の輪が広がることを、さらには、その拠点形成がきっかけとなって鳥取の文化情報の発信や文化的魅力の増大、観光客の誘致等が促進されることを、つまりはそうした地域活性化の事例が増すことを、期待しております。

本報告書が少しでも県内各地の文化的活性化の役に立つことになれば幸いです。最後になりましたが、本調査研究にご協力を頂いた多くの方々にこの場を借りて厚くお礼を申し上げます。

平成19年3月

研究代表者

鳥取大学地域学部 教授

附属芸術文化センター長  高阪 一治

[ 初ページから見る ]

目 次

はじめに

調査研究の背景と目的

1-1. 調査研究の背景   

1-2.調査研究の目的   

2. 調査対象と調査方法   

2-1.調査対象

2-2.調査対象施設及び実施イベントの選定に当たって

2-3.調査方法

3. オールタナティブスペースの創出に向けた活用事例の成果と課題   

3-1.「鳥の劇場」による廃校の活用   

3-2.「ダンス・ワークショップ」による公共施設(廃校を含む)の活用

3-3.「ジャズ・ライブコンサート」による歴史的商業施設の活用(酒造倉庫)

3-4.「現代美術の展示及び講演会」による旧商家の活用(鳥取市文化交流施設)   

4. 今後の展開と活用の促進に向けて

編集・発行

鳥取大学地域学部(附属芸術文化センター及び地域文化学科)

〒680-8551鳥取市湖山町南4-101

TEL/FAX 0857-31-5162

担当

附属芸術文化センター:高阪一治、石谷孝二、新倉健、五島朋子

地域文化学科:野田邦弘、長柄裕美、榎木薫

平成19年3月発行

〒680-8551 鳥取市湖山町南4丁目101 Phone/0857-31-5073 Fax/0857-31-5076

Copyright(c)2004-2012 TOTTORI UNIVERSITY ART CENTER. All Rights Reserved.

サイトデザイン&制作 有限会社キーワード http://www.keyword-co.net/